上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ある野球雑誌に昔高校球児だった、プロレスラーのインタビュー記事がありました。
彼は松坂世代の明徳高校出身で、知る人ぞ知る馬渕監督のもとで三年間しごかれたそうです。
馬渕監督といえば現ヤンキース松井選手を連続敬遠して、勝利のために手段を選ばない手法は
高校野球にあるまじき、といった心無い批判もありましたが、一生に一度しかない高校野球
そして厳しい練習、負ければ終わりのトーナメント、どうしても勝たせてやりたい親心十分に
理解できます。もちろん松井選手側からすれば「卑怯な!!」となりますが、ただで毎回
塁を埋めるといった作戦はリスクもかなり大きい戦法で普通では有り得ない、それだけに
松井選手がいかにすごかったかがよくわかります。

それと自分が馬渕監督に少し贔屓目なのは、出身県が同じで社会人野球の出身企業も同じ
といったこともあります。馬渕監督は明徳で監督をされる前はその社会人チームで
監督デビューされ弱小小企業を何と、都市対抗ベスト8、日本選手権準優勝まで導いています。

面白いのはそのプロレスラー氏、馬渕監督のおかげでプロレスラーになれたようです。
三年生になったある日、たまたま馬渕監督と同じ席でご飯を食べているときに、「お前は
自らレギュラーになる機会を放棄している。痩せようという気持ちは一切無いだろ?」
「ありません。」「お前は将来何になりたいんだ?」「プロレスラーです!!」「わかった。
お前の就職はおれが何とかしてやる。」なんかこれが、日々甲子園を目指して死ぬような
練習をしている監督と選手の会話かと思うと本屋で思わず吹き出してしまいました。
そしてその年明徳は高橋投手がヤクルトから指名されましたが、そのスカウトがプロレス
関係者と親友でプロレスラー氏の将来が決まったようです。

そしてもう一つ面白いと思ったのは、プロレスラー氏打撃はそこそこでしたが、守備と走塁が
からっきしだったようで、途中から守備と走塁練習は免除されて、その間同じように代打要員
としてのもう一人の選手と、ずっとティー打撃をしていたそうです。このへんは流石馬渕明徳です。
その選手の適正にあったポジションで、長所を更に磨くは本人のためであり、チームのためで
す。ただ私がいたような弱小高校でそれをやると、守る人がいなくなりますが(笑)
自分はどちらかと言うと、短所克服こそと思っていたことが多いのですが、長所を伸ばす
これもそれ以上に大事な要素なのかもしれません。

スポンサーサイト
2007.09.08 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gm36speculator.blog119.fc2.com/tb.php/1-8d4f37bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。