上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
大学のときにドイツ語の先生が、とにかく会話重視で
「間違ってもいいから、何かしゃべらないと。黙ってたら何も
伝わらない!!」と会話中心の授業でした。

それまで高校の読み書きの受験英語が当たり前でしたので
かなり違和感がありましたが、やはり受験英語は本筋じゃない
ですよね。ドイツ語の先生が言うように、語学はコミュニケイション
のツールでないと!!

ですので、できれば受験英語をTOEICやTOIFLの得点で評価する
とすれば、英語の勉強の仕方もまるっきり変わって
英語力も身に付きそうなものですし、せめてリスニング比重を
高めるだけでも。。。

そして一流になるためには、幼いころからの英才教育は
不可欠でしょう。幼少から英会話を始めるメリットは
計り知れないと思いますが、ただ英語以上に母国語が
大事なのは言うまでもありません。

英語を勉強して更に国語力を鍛えて立派な日本を作って下さい!!

英会話

子供英会話なら子供・幼児英会話教室ナビ。オフィス移転
この記事はブログルポの英会話特集の依頼により執筆しました。



スポンサーサイト
2007.11.20 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gm36speculator.blog119.fc2.com/tb.php/139-12910d81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。