上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ワークスアプリケーションズ のインターンシップが始まるそうです。

インターンシップとは辞書で確認すると「体験就業」のことだそうですが
ワークスアプリケーションズのインターンシップでは、
学生が自分の中に眠る能力を発掘し、その能力がどんな仕事に向いているのかを見極る
ために、論理的思考力と発想転換力で答えの無い問題に取り組み
問題解決能力を身に付けるそうです。



ワークスのインターンでは、日給1日1万円が支払われ
更に優秀な成績で終了した人は、3年から5年ワークスアプリケイションの
入社試験を免除できる認定書が発行されるそうです。

大学3年の秋、就職ガイダンスで最初に言われたのは、
「就職活動の第一は自己分析から」でした。
自分が何が好きで、何に興味があるか。

一生の仕事を選ぶには自己分析から始まるわけですが
そんなに難しく考えず、単純に直感で「好きなこと」を選んだらいいのでは
ないかと。もちろん「好きなこと」も仕事にすればかなり厳しいこともあるとは
思いますが、それはどんな選択をしても必ず厳しいことは避けられない
と思いますので、そこで先の問題解決能力インターンシップが生きてくる
わけです。

イチロー選手は50歳まで現役メジャーを夢に掲げていますが、それは
イチロー選手のトレーニングの先生が50歳にしてイチロー選手と
同じタイムで走ることができるからです。しかもその先生は陸上関係者では
ありません。

この先生の理論に基づいたトーレーニングは、
「本物」のトレーニングだと思いますが、こういった社会にイノベーションを
起こせるであろう原動力は、おそらくそのことが「好き」という単純な思いから
始まっているのではないかと思います。





スポンサーサイト
2007.11.29 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gm36speculator.blog119.fc2.com/tb.php/158-229fda49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。