上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先週の休みの日に、ブックオフの単行本2冊1000円キャンペーンで
面白い本を買ってきました。

・「魔球の正体」 手塚一志 共著
・「賢明なる投資家」 ベンジャミン・グレアム

「魔球の正体」は今年アメリカでも話題になった、ジャイロボールの正体
でもありますが、どうやら「エックスジャイロ」というアメリカのおもちゃから
生まれたようです。

エックスジャイロは、プラスティックの筒状のもので、筒から空気を通すように
投げると、今まで見たことも無いような感覚で180メートルほど飛んでいくそうです。

投げ方は野球のボールと同じ握りで、小指を進行方向に向けて、槍投げのような
イメージで筒が直進するように、リリースします。

真っ直ぐ飛ぶようになるには、コツがいるそうですが、このエックスジャイロという
おもちゃを投げられるようになったときに、そのままの投げ方でボールを投げると
エックスジャイロが描く見たことの無い浮遊感が、そのままボールの軌道と
なって現れたそうです。

ジャイロボール誕生の瞬間です。

エックスジャイロの筒が空気を通して進むように、ジャイロボールも進行方向に
対して同じ面を向けたまま回転して進みます。ライフル銃の弾丸も、ミサイルも
ロケットも、このジャイロ回転で進むそうです。

ですので、通常のバックスピンをかけた普通の投げ方ではジャイロボールは
投げられません。松坂が投げたとすればTV報道にあったように、スライダーが
すっぽ抜けてジャイロ回転になったからのようです。

で、ジャイロボールのメリットですが、空気抵抗が少ないので、通常のバックスピンの
回転に比べて重力に負けない、すなわち普通の真っ直ぐに比べてのびるように
向かってきて怖さすら感じるそうです。

手塚氏は球速110キロ程度しか投げられないそうですが、試しに野球経験者に
投げてみたそうです。すると、面白いように高めのボール球を次々に空振り
して打てなかったようです。

やみに高校2年のときに背番号1をつけていたのですが、そのときに知りたかった
内容ですね。あとスプリットフィンガーの投げ方もありフォークより投げやすそうですし
シンカーなんかも練習すれば投げられそうです。

面白いのはエックスジャイロを投げられるようになれば、ジャイロボールが投げれられる
ようになることです。こういう練習方法はいいですよね。オシム監督が(回復を祈ってます)
高度で複雑な練習をこなすことによって、そのまま試合に生かすのに似ています。

自分も職場の人に頼まれて小学生を教えたことがあるのですが、小学生に
「開きが早い」とか言ってもわからないので、ティーバティングでネットに
正対して打つところを、45度三塁側に向かせて、ネットに打つには流し打ちの
状態で練習させました。

小学生を見ていると、後ろ足の蹴りを前足で受け止めるという動作ができず
バットを振る勢いのまま三塁ベンチまで回ってしまうので、とうてい外角を素直に
流し打つことができないので、ティーバティングで無意識に修正させました。

こういう、この練習をすればこういう部分が修正されるという練習方法は
好きですが、トレードでもこいう練習方法を思いつけるようになりたい!!

2冊目の本は、ビルゲイツに次ぐとも言われる大富豪ウオーレンバフェットの
師匠に当たる人の本です。前々からこうい本があるのは知っていましたが
目指す手法がまるで違うので、パスしてました。定価2800円ですので
余裕でせどりできますが、かなり評価の高い本ですので、トレーダーの
常識として勉強しておこう。。。



スポンサーサイト
2007.12.01 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gm36speculator.blog119.fc2.com/tb.php/164-75e0d4e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。