上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
以前ドル円チャートの現状認識について書きましたが
その時点の現状認識としてはドル買いながらも
その翌日からきれいに下げました。
11月26日安値117円19銭までほぼ9円の急落!!

8月、9月、10月ときれいに安値を切り上げて
10月31日の保ち合い上放れの陽線を受けて
直近波動の半値戻し116円、直近高値118円を越えられるかが
ポイントになると書きましが、その翌日116円に上髭で
ワンタッチするかしないかで反発終了となりました。

「買いだ!!」と思ったところで反落。
まさしく「陽は陰を含む」ですね。

「買いだ!!」で買われて、それが最後の買い圧力=最後の砦
となって急落。よくあることです。

ロスカットポイントは保ち合い上放れで買った場合は
保ち合いの真ん中、10月29日陽線の2ティック下に逆指値。
最悪でも直近安値の10月22日安値2ティック下の逆指値です。

スワップ金利もありますので、ドル売りは不利ですが、
チャート売買の立場からいえば、上記ロスカットポイントが
下降フラッグとなって、きれいにエントリーポイントとなりました。

現在の個人的狙い目としては、一応3つ考えられます。
一つは、11月保ち合いの買いしこりと下向きの25DMAをこなした
12月3日高値ないし11月14日高値2ティック上の逆指値買い。

二つ目は、2点底を確かめる展開からの直近ネックライン越えの買い。

三つ目は、11月26日直近安値下の逆指値売り。

いずれにしても、ロスカットポイントの逆指値は当たり前!!
ロスカットポイントに逆指値を置ける人は外国為替FXこちらまで!!

最後に、相場は上手な人に教わるのがベストですので
上記、下手くその戯言は無視するように!!(笑)




スポンサーサイト
2007.12.06 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gm36speculator.blog119.fc2.com/tb.php/173-51055849
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。