上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
中国の四川大地震、日本の救助隊が海外からの受け入れ
第一号となったようですが、5日目にしてというのは残念でなりません。
被災者の方に心からお悔やみ申し上げます。

地震国日本も他人事ではありません。
特に行政が有事に際しては万全の対応が取れるように
平時から詰めておいてほしいところです。

地震費用保険Resta(リスタ)の日本震災パートナーズ」というサイトの
「地震リスク簡易診断」を自分が住んでいる地域でやってみました。

危険度は7段階で上から3番目のBランクで
後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率
10%以上25%未満だそうです。

そういえば最近読んだ本に面白い策がありました。
東京山手線内は平均2階建てだそうで、世界で最も地価の高い
地域をもっと有効利用すべきで、世界首都東京を大きなビジョンにした
都市計画を立て、明石海峡大橋のようなハイテク耐震技術を
用いるのは当たり前、液状化対策も施します。

電柱電線も地下においやり、すっきりした緑あふれる街並み。
資金は国民金融資産1500兆の国ですから、一部税金を免除する
債権を発行して、将来の不安を緩和するビジョンを示せれば
空気の流れが変わると!!通勤時間を2,3時間かけなくとも
山手線内に多く住めるようになるわけですから!!

世界首都東京、もちろん地方の「耐震タウン」でもいいですが
震度6以上の大震災がきても、ほとんど被害の出ない街が
いっぱいできればいいですね!!

地震費用保険に興味のある方は 日本震災パートナーズ まで!!






スポンサーサイト
2008.05.16 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gm36speculator.blog119.fc2.com/tb.php/258-5f09cf13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。