上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

LED

ちょっと前まで、信号に西日が差し込むと、青だか赤だか全く
わかりませんでしたが、発光ダイオード(LED)の信号が幅を利かせるように
なってからは、明確に区別できるようになりました。

あれは本当にわかりやすいですよね。
おまけに、従来の信号より、コストが大幅に安いそうです。

確か、従来の信号は、全国津々浦々すべて電球を毎年取り替えなければ
いけなかったそうですが、LEDの信号なら10年はもつそうです。

これだけ圧倒的に性能がよくコストもかからない、優れた技術でありながら
LED信号の導入には、かなりの反対勢力の抵抗があったというのも
今となっては笑い話です。

青色発光ダイオードの中村修二氏の裁判は有名ですが、実は同県人
なんですよね。ネットの百科事典を見ますと、あまり良く書かれてないですが
無条件に郷土の誇り。

2004年には更にコストが安い、酸化亜鉛を用いた青色発光ダイオードの
開発に成功した人も現れたそうで、青色LEDの再発明ともいわれているそうです。

LED回路で、LED自作されるかたは、『オーディオQ』まで!!




スポンサーサイト
2008.06.30 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gm36speculator.blog119.fc2.com/tb.php/307-2bf87269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。