上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ちょっと前に、テレビで有名なキャスターが「日本の将来を考えるとき、
全く明るい展望を持てない。中国やインドはすごい勢いで。。。」
というようなことを言ってました。

確かに、近い将来GDPを中国やインドに追い抜かれるのは
間違いないのかもしれませんが、人口が10倍も違うわけですから
当然と言えば当然でしょう。

できれば、マスコミの方にはもっと明るい展望を意識的に語って欲しいですね。
中立的に普通に物事を見てれば、ゴロゴロ明るい展望が落ちてると思います。

例えば、日本は資源が少なく、エネルギーや食料を外国に頼らなければならない
のは確かですが、逆に日本の製造業や、ものづくりの技術力なくして
世界の経済が成り立たない、といったレベルまできているはずです。

日本の輸出は、自動車や家電のような完成品よりも、資本財と呼ばれる
生産に関わる部品や、工作機械や金型などが多く締められ、日本の優れた資本財が
無いことには各国の製造業が成り立たないわけです。

更に、環境技術にしても日本が世界を引っ張っていると言っていいでしょう。

中国やインドもいずれは、日本のような環境技術を持たないことには
大気汚染や、水の問題をクリアすることはできないでしょうし。

精密機械加工」、「機械加工」のことなら、「紀和テクニカルワークス」まで!!








スポンサーサイト
2008.07.17 Thu l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
私も何度も同じ考えをもったことがあります。
インドや中国など、BRICs諸国は資源も人口もあり経済が成長するのは当たり前の国で、そんなところと先進国である日本を比較する自体、間違っていると思うんです。

日本などの先進国は国民的にも社会的にも成熟していると思います。世界に誇れる技術も数え切れないほど持っています。
私は日本の将来を悲観する必要は全く無いと思います。
2008.07.17 Thu l つぼっち. URL l 編集
つぼっちさん
コメントありがとうございます。

ただ、一人当たりGDPをシンガポールに
抜かれたのは、ちょっと残念ですね。
http://www.ohmae.biz/koblog/viewpoint/1144.php

私が大学生の時には、野球ばかりでしたので、
もう一度やり直せるなら、つぼっちさんのような
大学生活を送ってみたいものです。

それでは、明るい展望をイメージしながら
お互い頑張っていきましょう!!
2008.07.18 Fri l 阿灯利英十. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gm36speculator.blog119.fc2.com/tb.php/321-8cda5afd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。