上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
地元の建設会社で、高級マンションを建てることで
ある程度ブランドのある会社がありますが、その新築マンション
建造100年もつそうです。

日本の建物は40、50年ほどもつのでしょうか。
伝統を重んじる欧州なら100年以上の建物も普通でしょうが
アメリカでも、購入した家は売ることを前提に普段から手入れも
念入りにして、どんどん大きい家に住み替えるそうで
ということは、家の平均寿命も長いということでしょう。

今調べてみますと、建設白書による日本の建物の取り壊しの平均は
26年だそうです。
建物は人間の一生にも例えられるそうですが、
26歳はあまりにも早すぎます。

個人にとって住宅購入は、一生に一度の大きな買い物だけに
できれば100年はもつ建物であって欲しいですね。
スポンサーサイト
2008.07.29 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gm36speculator.blog119.fc2.com/tb.php/331-b8aa5329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。