上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
前回書いた「新築マンション」ですが、7月1日に書いた「100年」の記事を
タイトルと、キーワードを変えて再アップしました。

「100年」の方は、申請ミスでボツになりましたので、別会社で
リサイクルしたわけです。(笑)

リサイクルといえば、武田邦彦氏の

偽善エコロジー 「環境生活」が地球を破壊する

偽善エコロジー 「環境生活」が地球を破壊する

が面白そうですね。批判も多いですが、一読の価値はあると思います。

先日、大手ファミレスが割り箸をやめて、何100億トンのゴミ減量が見込まれると
評価するネット記事がありましたが、武田邦彦氏の論でいうと、「全くのウソ」
ということになります。

立派な木を育てるには、大きくなるにしたがって、風通しや採光を考慮して
育ちの悪いものから、どんどん間伐して、よりよいものを残していくわけですが、
その間伐財や、丸い木を四角の木材にする端財を使って、割り箸にするため、
割り箸そのものが、ゴミからできているわけで、立派なリサイクルなわけです。

したがって、割り箸をやめれば、間伐財や端財のゴミがそのまま増えるわけです。

ただ、日本の割り箸消費の97%は中国からの輸入だそうで、中国が立派なリサイクル
をしているか、という問題ですが、おそらく割り箸よりは、木材の方が高く売れると
思いますし、大量に出る間伐財や端財のゴミを割り箸に使えば、材料費ゼロなわけですから
経済効率を考えれば、いくら中国でも立派にリサイクルしていると思うわけです。

ということは、大手ファミレスのエコ策は、日本のゴミを減らして、
中国のゴミを増やすということか??


(追記)
いろいろ調べてみましたが、見通しが甘かったですね。
中国の割り箸は、皆伐方式で森林をすべて切り倒して、あとは農地に
転換しているようです。

で、最近森林保護に目覚めて、近々中国国内向け割り箸に30%の税金を
かけて、日本向けの割り箸輸出も停止するそうです。

これを期に、日本の間伐財、端財によるリサイクル割り箸で
国内林業の再興に期待したいところです。

大手ファミレスさん、ごめんなさーい!!


スポンサーサイト
2008.07.29 Tue l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
2008.07.29 Tue l .. URL l 編集
No title
あるテレビ番組で、武田氏とペットボトルリサイクル推進派の方との
議論がある種漫才のようで面白かった記憶がありますが、
まさにその人の本ですね。

これは、ノーチェックでした。面白そう!!
2008.07.30 Wed l 阿灯利英十. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gm36speculator.blog119.fc2.com/tb.php/332-49ed80a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。