上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
桑田投手の古武術の先生が書いた本を読みました。
先生は学生時代、体育の評価がほとんど2で小学生時代は泳ぐことも
できず、球技はもってのほか苦手だったそうです。

そんな人が古武術界のトップクラスにおられるのも面白いのですが
桑田投手が訪ねたときに牽制球の動作をされたそうです。
野球などされたこともないのに、その動作は野球界で誰よりも速い
動作で桑田投手もびっくりだったそうです。

さすが桑田!!というか野球の技術の向上のために視野を広げて
とんでもないところからヒントを見出す。さすがプロ中のプロ!!
パイレーツの選手たちがぜひコーチにと懇願するのもよくわかります。

この動作の速さの秘訣は「蹴らない、ためない、うねらない」
だそうです。蹴るというのは、地面から反力を得て足、腰、胴体、
肩、腕、手、バットボールラケット等へと伝達していくには、
基本的な動作のように思っていましたが、これも常識が常識でない
面白い話ですね。

あと体育の授業で受身をするべきというのも面白いですね。
受身は一旦覚えてしまえば、自転車や水泳と同じく一生物で
雪道や何かで転んで骨折したなんてことは激減して、財政を圧迫する
医療費の削減に貢献すると。。。(笑)

実際職場の女の子が自転車で転んで頭から突っ込んだらしく、
長らく額の端にガーゼを張って仕事してましたが、ちょうど同じ時期に
自分も自転車で転倒したことがありました。道路にアスファルトの
欠けた部分があり、ちょうどそこに前輪が挟まり自転車が180度回転、
自分も投げ出されたのですが、見事前回り受身で転がってきれいに
立ち上がって着地。

周りの人が拍手してくれそうな出来栄えでしたが、自転車と80キロ近い
物体が共に転がって、でかい音にびっくりしてるようで、かなり
恥ずかしかったのですが。。。全くの無傷で受身様久でした。
柔道の指導者訓練と称して3ヶ月ほど毎日柔道を仕事で練習してたことが
ありますので、確かに一生ものの受身でした。



スポンサーサイト
2007.09.30 Sun l 未分類 l COM(0) TB(1) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gm36speculator.blog119.fc2.com/tb.php/5-6aa27c2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
日本でもテロや凶悪犯罪が増えつつある。もう、日本が治安世界一を誇るのは時代遅れかも知れないね。護身術(セルフディフェンス)マニュアルは具体的に危機から回避する手段が書かれたもので実戦には役立つだろう。たかが本を読んだだけでどうということはないと思うのは早計
2007.10.01 Mon l 武術がいっぱい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。