上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
その昔、東証1部上場のタッチパネルを作っている会社で働いていたことがあります。

タッチパネルとは、ATM(現金自動預け払い機)のように画面を触って
機械に認識させるものですが、タッチパネルの印刷工程にいました。

透明のガラスの縦横2辺の端に、白のインクで斜線を印刷して
それを、ある一定の温度で熱すると、斜線の溝ができるんですね。

そこで、他の縦横2辺に電流を流す装置を取り付け、
電流を流すと、斜線の溝で反射して画面の必要な場所を
触ったことが認識できるようにしています。

ガラスの印刷は、型に固定しますので、出来上がりを取るときに
ゴムの吸盤をペッタと貼り付けて、取り上げるのですが、
あの感覚がちょっと懐かしかです。

スポンサーサイト
2009.02.04 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gm36speculator.blog119.fc2.com/tb.php/502-d20f2bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。