上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
海外では電報サービスを廃止する会社もあるそうです。
確かに、固定電話はもちろん携帯電話にインターネット・メールと
連絡手段に困らない時代になってきましたからね。

「ハハキトクカエレ」なんて電報は、日本でも無くなっているんでしょうね。

一般の電報に関しては、昭和40年8500万通、昭和50年に4500万通、
平成17年に2000万通と、減少しています。

ただ、慶弔の電報に関しては年代順に、1700万通から、
2900万通、1800万通と、変らず需要があるようです。

平成17年には2000万通中1800万通まで、慶弔の電報の割合が
増えたようです。

自分が電報を使うとしたら、姪っ子の合格祝いですかね。

先日近くのマンションの親子に、「おじさんのじゃまになるから」と
お初で「おじさん」呼ばわりされましたが、かわいい姪っ子は
一貫して「お兄さん」と呼んでくれますからね(笑)





スポンサーサイト
2009.02.20 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gm36speculator.blog119.fc2.com/tb.php/517-28ca8a6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。