FC2ブログ
地上デジタル放送が、双方向型サービスといわれていますが、
クリッカーを使えば、授業・セミナー・研修・イベントなどなど、
様々な場面で双方向対話型システムを実現することができます。

クリッカーはICカードサイズの小型端末で、使いやすさを重視して
大きな6つのボタンがついてあり、テストやアンケートでそれぞれ回答して
その場で結果を把握することができるそうです。

しかも、早押しランキング機能もありますので、イベントで
商品をかけたクイズ大会にも使えます。

更に、クリッカーを導入した場合には、学生も真面目に授業に
出席しなければならないことになります。

というのは、クリッカーをICカードリーダーにかざすことで、
出席管理が可能になり、毎回小テストをされると、
出席者数と回答数を確認されて、代返もしにくくなるからです。

高い授業料を親に払わせているわけですから、
学生は真面目に勉強するにかぎります。


スポンサーサイト



2009.06.23 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gm36speculator.blog119.fc2.com/tb.php/609-074cd4cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)