上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
生命保険は何のために入る?
と聞かれても、日本人は??だと思います。

生命保険なら、死んだときのために保険掛けるだけでしょ。

全くその通りで、日本ではこの一択、質問が成り立たないのです。
しかし、アメリカでは生命保険の金利が7%、とかいう商品があるそうです。
ですので、先の質問に、

生命保険は、財形のため、お金を増やすために入る。

という回答の選択肢があるそうです。
7%って信じられないですよね。
日本ならバブル期の定期預金です。

本来なら、保険会社も金融機関として、預かった保険金を
まとめて運用しているわけですから、金利をもらえるのが
ワールドスタンダード。

何とか、日本にいながらアメリカの生命保険が買えないか
調べてみたのですが、難しそうです。

ですが、TPPこれで規制が外れたなら、金利がもらえる積立式の
生命保険や、金利がもらえる銀行預金など、普通の金融商品が
入ってくるわけです。

銀行に振込まれた給料の余りが、知らぬ間に年10万とか20万
とか増えてるって、日本人の感覚としては、信じられないですよね。

しかし、こういった私たちのメリットと引き換えに、
銀行や保険会社は、日本国債を大量に買わされていますので、
そのおかげで、日本国債が非常に安定的に償還され続けるシステム
となっています。

どうですかね。このシステム、政府は捨てないでしょうね。






スポンサーサイト
2015.03.05 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gm36speculator.blog119.fc2.com/tb.php/624-91c38fff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。