上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日身近に、国民年金の保険料を納めていないという人がいましたので、
国民年金が、いかにおいしい金融商品かという点について
まとめてみたいと思います。

まず、おいしいというか、保険料を納付しておかないと丸損なのは、
年金は保険料だけで支給されているわけではなく、
所得税や消費税からも半分支給されていますので、
実際は、知らず知らずのうち税金で年金を納めているにもかかわらず、
年金がもらえないということになります。

更に、国民年金には、遺族年金と障害年金が、無料オプションとして
付いていますので、保険料の支払いだけで、若くして亡くなった時、
病気やけがで障害を負った時にも、保障されます。

遺族年金は、奥さん子供二人のケースで、月10万円出るそうですが、
これだけの保障を民間の保険で賄おうと思えば、
国民年金保険料の3倍出しても買えないそうです。
そういった保障が無料オプションなわけです。

そして、肝心の老齢基礎年金といわれる柱の部分です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
国民年金の月額保険料が15.200円×12か月=182.400円

支払いが60歳までですので、20歳から60歳までの40年間
保険料40年間総支払額 182.400円×40年間=7.296.000円

65歳からもらい始めた場合は、月額64.400円もらえますので、
64.400円×12か月=772.800円

年額772.800円×10年間(75歳)=7.728.000円
年額772.800円×15年間(80歳)=11.592.000円 利回り59%
年額772.800円×20年間(85歳)=15.456.000円 利回り112%
年額772.800円×25年間(90歳)=19.320.000円 利回り165%
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

40年間で約730万円払って、75歳まで生きれば元が取れ、
平均寿命の80歳まで生きれば、約430万円上乗せ、
85歳まで生きれば、810万円上乗せとなります。

平均寿命は、若くして交通事故や病気で亡くる場合も含まれますので、
年金を受給するお年寄りの場合、平均寿命より数年は長く
85歳ほどで見積もれます。

どちらにしても、利回り6割とか、倍増以上の112%とか、
これほど、おいしい金融商品は無いでしょ。





スポンサーサイト
2015.03.19 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://gm36speculator.blog119.fc2.com/tb.php/625-4d2dcef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。